Bee's knees Farmers

ミツバチを通じて広く地域社会、環境、経済に貢献し、自然との調和、自然からの学び、自然からの恵みを大切にしています。

首相公邸で養蜂

昨年のことですが

安倍晋三首相の妻昭恵夫人が、

首相公邸の中庭でミツバチ3万匹の養蜂を

始めたのをご存知でしょうか?

 

オバマ大統領の妻ミシェル夫人

ホワイトハウスの庭でミツバチを飼育していたことに

影響を受けて始めたそうです。

f:id:do-one:20161021083610j:plain

 

 

その前年

オバマ大統領が「ミツバチなど花粉媒介者の

健全性促進のための国家戦略構築」

と題した大統領覚書を発表しています。

 

ミツバチやチョウなど花粉媒介者数の激減に対する

原因究明と対策のため

予算5千万ドル(約51億円)を割り当てる要請です。

 

 

ホワイトハウスによると北米では商業作物の

90種以上の受粉をミツバチに依存しており

世界の主要農作物115種のうち87種の受粉を

ミツバチやチョウなどの昆虫に頼っているそうです。

 

さらに、

ミツバチから得られる経済的恩恵は

150億ドル(約1兆5,200万円)に上るとし

「アメリカの食糧安全保障に不可欠」としています。

 

 

ところが、

世界の食を支えるミツバチの数が近年激減しています。

 

 

日本においてもミツバチの減少は顕著で

欧米ほど深刻な問題として表面化していませんが

1980年には32万群飼養されていたのに対して

2010年には17万群と激減しています。

 

 

農薬、寄生虫、病原菌、ストレス、栄養不足など、

さまざまな原因が考えられていますが

私たちはこの事実を知っておく必要があります。

 

世界的に減少しているミツバチの保護に

関心を持つ必要があります。

 

 

Bee's Knees farmers'ではミツバチの生息環境改善と

飼養率向上をめざし活動しています。

Bee's knees farmers
福岡県那珂川町
✉: taku.cigar@gmail.com